CATEGORY
ハーレーは走るよどこまでも

アメリカとヨーロッパのハーレーの事情について

ハーレーと楽しそうな男性

ハーレーはアメリカを代表するバイクですが、アメリカでハーレーが人気を維持し続けている理由はアメリカの環境にあります。
アメリカは他の国と比べると道路が広く、大型バイクであるハーレーを走行させるのに非常に快適な道路事情となっています。そして、アメリカでは日本のような車検制度が存在せず、州によって車の検査が異なります。州によって検査の基準は異なりますが、日本の車検よりは基準は緩いと言われています。その結果、ハーレーのカスタムに取り組みやすく、その技術は非常に発展しました。このような国家の背景事情もあって、アメリカのハーレーは人気を保っているのです。

赤いハーレー

実はハーレーの本場であるアメリカだけではなくヨーロッパもハーレー人気は高い状況です。ヨーロッパはアメリカのように広い道路がなく、排出ガスに関する規制が厳しい環境もあるのでハーレーが人気を得られるような雰囲気ではないように思えますが、実際にはそうではありません。
ヨーロッパは工業力が非常に優れている地域であるため、その技術力がハーレーのパーツの開発にも活用されています。また、排出ガスの規制が厳しいからこそ、ヨーロッパのハーレーは環境や安全性などを重視した優れた仕様となっている事が多く、人気を獲得しています。

このようにアメリカでもヨーロッパでもハーレーに関する人気や技術の発展は衰えを知らず、盛り上がりを続けていると言えます。日本国内では道路の事情や日本人の体格の問題からハーレーは人気を得られないと言われている時期もありましたが、ハーレーの優れた性能や日本人の体格に適したモデルの存在が認知されていったことにより、今では高い人気を得ています。

日本でもこれからハーレーがさらに普及していくことが期待されています。

ハーレー重低音マフラーのパーツメーカー

ハーレーのイラスト

ハーレーは多くのライダーに愛されているバイクです。その人気の理由は、優れた走行性能やブランドなど様々ありますが、自分の好みに合わせてパーツを交換することができることもそのひとつといえるでしょう。オリジナリティあふれるデザインとなり、より愛着を持つことができます。

バイクの素人でも交換できるパーツは様々ありますが、人気の部位がマフラーパーツです。ハーレーといえば、独特の重低音です。納車してすぐにこの音を再現するために重低音マフラーを取り付けるという人も多いです。しかし、重低音のマフラーを扱うパーツメーカーは数多くあります。

その中からどのパーツメーカーの部品を選べばよいのかわからないという人もいるでしょう。スタイルと走行性能を損なわないということも重要ですが、やはりサウンドを重視する人もいます。
パーツメーカーごとにサウンドの傾向が異なるので、大まかに知っておくと便利です。
純正の北米仕様のパーツは、本場の重低音を出したい人に人気が高いです。日本での規制がないパーツなので本場のハーレーの音を楽しむことができます。モーターステージも人気のパーツメーカーといえます。真鍮で作られているので独特のエンジン音です。一般道では注目を集め、高速では落ち着いた音に変化します。

         

クロームワークスは、刺激的な爆音が特徴的な重低音マフラーを展開しています。パーツメーカーの中でも特に低い音が出て、スリップオンで評価が高いメーカーといえるでしょう。スクリーミンイーグルは、純正に近い重低音で、音量が少し抑えられていることが特徴です。

バンスアンドハインズなども、重低音マフラーを扱っているパーツメーカーのひとつとして知られています。

 
緑のかっこいいハーレー