CATEGORY
ハーレーは走るよどこまでも

Hハーレーの純正と社外パーツの違いは価格とブランド力です

ハーレー

ハーレーのパーツには純正パーツと社外パーツがあります。純正パーツの最大の特徴は、ハーレー社が純正だと認めていることです。破損したパーツを交換するときに社外品を使用した場合、見た目に違和感が生じるケースがありますが、純正品ならその心配はありません。社外品は価格が安く抑えられている反面、互換性において問題が生じることがあるのです。純正品と比べて装着が難しい、また装着後にパーツの振れ・がたつきを感じるなどです。社外パーツだから低品質とは言い切れませんが、装着して確かめるまでは評価ができません。純正品であれば破損したパーツと同じものを取り寄せることも可能です。

純正パーツが高額になる理由にブランドがあります。ブランド品は名前で売り出している部分が大きく、これはハーレーだけでなくバッグやシューズなどにも共通します。ハーレーの純正パーツは高額でも売れるため、メーカー側は安くする必要性がないわけです。一方で社外パーツに関しては純正品と同価格ではなかなか売れないため、低価格で勝負をしています。ただし品質と価格は必ずしも一致しないため、安い社外パーツにも高品質な商品はあります。

ハーレーのパーツ

ハーレーは数あるバイクメーカーのなかでも、社外パーツが多いことで知られているのです。社外パーツだけを取り寄せて、一台のハーレーを完成させられると言われるほどですが、これは本家ハーレーには属さないマシンになってしまうでしょう。一方で部分的にカスタムをしたい状況では、社外パーツを使用するのも大いにありです。ハーレーはファッション性に富んだバイクであり、何らかのカスタムをして乗っている人が多いです。ノーマルの乗り味を大切にしたい人は、パーツ交換をする際は値段が高くても純正パーツを選ぶのがよいでしょう。